2019.09.25

ビブスの手入れについて


以前に高校の同級生が私の活動に協力してビブスを100枚プレゼントしてくださいました。
そのメーカーのサイトにビブスのお手入れ方法が掲載されていましたので要点だけご紹介。

1)洗い方
  中性洗剤を使用し、手洗いで洗濯する。
  色移りを防ぐため、他の衣服とは分けて洗濯。
2)洗濯機を使う場合
  ビブスを裏返しにし、洗濯ネットを使用の上、

  手洗いモードやドライコースなど、弱めの洗い方で行い、

  脱水は軽めで行う。
  脱水する場合は、シワを防ぐため短時間で行う。
  干す前に手のひらで軽くシワを伸ばしておくと綺麗に乾燥できます。
  乾燥機の機能がついている洗濯機もあるが使用は避ける。
3)漂白剤
  プリントを痛めめるので、漂白剤の使用は避ける。

その他
  乾燥はハンガーに掛け陰干し
  乾燥機の使用は止める
  アイロンの使用は避ける

私は殆ど水洗いだけです

#ビブス #伴走


| | コメント (0)

2019.09.23

東京学芸大学での「視覚障がい者サポート教室」「ウォーキング教室」

今日(23日)は東京学芸大学での「視覚障がい者サポート教室」「ウォーキング教室」でした(写真が2枚・一般参加者のお顔にはモザイク)
台風も逸れて蒸し暑い中の教室でした。
サポート教室にはは国際中等教育学校の生徒さんも参加者として6名が参加、一般参加者や視覚障害の協力者やガイドのかたなど約20名が参加です。
遠くは群馬県から参加の協力者や宮城県から参加の伴走者もいました。
生徒さんにとっては視覚障害の有る方と接するのは初めての体験。
講義の後にマンツーマンで実際に介助してもらい、歩いたりジョギングしてもらって体験をしてもらいました。
ウォーキングのほうはNSVAのウォーキング指導者が5名参加して下さったので、私はもっぱら視覚障害の有る方の補助として説明をしながら伴走者としてお手伝いです。
写真1:サポート教室で介助をして歩く協力者と生徒さんです。
写真2:ウォーキ
ング教室で説明を聞く参加者の皆さんです。

Dscf9018_1_sDscf9017_1_s

 

| | コメント (0)

2019.09.15

伴走者養成研修会(掛川)

Dscf8948_sDscn9813_1_1_s

9月14日~15日に静岡の掛川で行われた に参加してきました(写真が3枚・いずれもお顔にはモザイク)
台風が近づいて来るとの予想も外れて良い天気です。
約30名が参加、初日は私が伴走などについて2時間近くお話し、その後は実技の講師です。
翌日は6時からの早朝ランの後に講義が再会。  
午後に新幹線で帰宅しました。
写真1:初日の講義で私が皆さまにお話している写真(画面左には日本財団のパラサポート横断幕があります)
写真2:夕刻からクーパーテスト(12分間走)のスタート風景です。
写真3:研修会の終了時の記念写真で、手前にはパラサポートの横断幕が映っています。

伴走者 養成研修会

 

| | コメント (0)

2019.09.11

世田谷区の伴走体験教室

Dscf8927_1_s_20190911182501

9月8に日東京の世田谷区から依頼の伴走体験教室  (写真が2枚・両方とも参加者のお顔にはモザイク)
昨年に続き2度目です。台風15号が心配でしたが講義・実技の間は無事に修了しました。

約10名が参加し、協力の視覚障がいのランナーが1名を含んで私たちは3名が訪問。
写真1:世田谷くの温水プール集会室で講義ですが、台風を心配して欠席者がいました。スタッフも入れて10名ほど?
写真2:隣接する公園で伴走実技です。初めは反時計回りで皆さんお上手でしたが、時計回りにしたとたんにコーンにつまずく人など! 

いろいろの事を知っていただけました。
今回は少人数だったので、全員に持参した白杖を使って歩く体験もしていただけました。 
#伴走  Dscf8927_1_s Dscf8930_1_s

| | コメント (0)

2019.03.18

第30回 視覚障害者健康マラソン東京大会」が開催

Dscf8306_s_1
3月17日に立川市の昭和記念公園で行われた「第30回 視覚障害者健康マラソン東京大会」のお手伝いに行ってきました


選手は約120名、伴走者さんもほぼ同数。


雨の心配がありましたが、降らずにホッとしました。
毎年来てくださるボーイスカウトの子供さんなどが約200名参加。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.25

ユニバーサルシアター シネマ・チュプキ・タバタ

Dscn9477_s_2
『描きたい、が止まらない』を見に行きました。
映画は広汎性発達障害(自閉症)の男性が10メートルもある絵を描く様子などが紹介されています。
この様な絵画などは「アール・ブリュット」生(き)の芸術と言うそうです(初めて知りました)
監督は東京マラソンを取材してくれた時の近藤さん。
上映後の近藤さんトークショー終了後に和歌さんから監督に花束の贈呈。
恥ずかしながら、このようなユニバーサルシアターが有ることを知りませんでした。
視覚障がいの有る方が単独で来られる時など、最寄り駅までお出迎えもしてくれるそうです。
視覚障がいの方には副音声、聴覚障がいの方には字幕、体感で味わい方には振動スピーカー、小さな子供さんと一緒の方には親子ルームなどが用意されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.01

明けましておめでとうございます


今年もどうぞよろしくお願いいたします(写真はありません)
私は現在 走れないので多摩川をウォーキング。
何時も行く神社は元旦は長蛇の列が判っているので、川を挟んだサイクリングロードからお参り。
川崎フロンターレの等々力競技場わきにある小さな神社で初もうで。
萩往還が終わっているのに、何故かお賽銭はあの金額(わらい)

===

伴走どっとCom

http://www.banso.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.30

「心の金メダル」

「心の金メダル」本の表紙画像大阪の田中玲子さん本をご紹介(写真が1枚)(長文注意)
大阪駅伝で何年振りかにお会いした田中さんが本を出版されたそうで、宣伝を兼ねてご紹介します。
だいぶ前ですが、パラリンピックに女子マラソンが実現できない時代に、JBMA小田原大会に「わーわーず」創設に努力された永田のじっちゃんと共に大阪から小田原まで嘆願のため走って来られたことがありました。
表紙の文字データーをご紹介します!
心の金メダル
夢を持てば光が見える
鍼灸師クロマチックハーモニカ奏者
全盲 田中玲子
著者はフルマラソンで3時間17 分50秒の記録を持つ。
2018年3月18日、大阪でハート・オブ・ゴールド西日本会員交流会があり、有森裕子さんと再会。 クロマチツクハーモニカの演奏を披露。
「田中さん、笑顔、演奏とても素敵でしたよ」
と有森裕子さんから励ましのお言葉を頂く。 夢のようでした(著者)。

半歩でもいいから前に進んでみる
目が見えないという現実に対する反動から、私は水泳でもマラソンでも
優勝を目指してやってきました。[目が見えないからできない、というのが嫌だったのです。理由はともあれ、よくやってきたと思います。今は、その反動とお別れし、心穏やかに頑張っています。
人生には喜びもありますが、悩んだり苫しんだり、大きな壁にぶつかったりすることが多々あります。そんなとき私は、何もせずに悩み続けるの
ではなく、半歩でも前に進むことを心掛けてきました。何もやらないことが苫しいからです。
悩み苦しむとき、半歩でも前に進んでみると、やがて問題は解決し、自分を成長させてくれることに私は気づきました。有り難いと思っています。

===

伴走どっとCom

http://www.banso.com/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018.10.28

OSAKA EKIDEN in長居 兼 第21回全国視覚障がい者駅伝大会

10月21日(日曜)に大阪の長居陸上競技場(ヤンマースタジアム長居)で全国から54チームが集まり盛大に開催された。

DSCN1747_sDSCN6626_sDSCN1825_s写真1:スタート風景

写真2:長居公園の走路を走る選手と伴走者

写真3:表彰式風景


===

伴走どっとCom

http://www.banso.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.01

怒涛の伴走教室! 一日目が終わりました

9月1日(土曜)
午前中は東京都の武蔵野市でのパラフェスタ。スペシャルゲストは体操の田中DSCN6249_1_s理恵さん。
伴走教室には約60名のかたが参加してくださいました。ゲストは日本で二番目の記録を持つ青木選手!
田中理恵さんの伴走センスは素晴らしい!
教わらないのに二人三脚がピッタリ!
夕方から文京区のガイドヘルパーDSCN6263_sさんの会社で40名近いヘルパーさん対して伴走の事を交えながら視覚障がいのあるかたへの対応などをお話させていただきました。

写真1:スペシャルゲストの田中さんの素晴らしい二人三脚を見てください
写真2:夕方からのガイドヘルパー会社の講習会風景ですが、参加者にはモザイク処理しています。

==
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«JBMA伴走者養成研修会(7月22日)