« 物を見ること と ランニグ(23)(弱視体験レンズキット:その4=黄斑部変性症) | トップページ | 物を見ること と ランニグ(25)(弱視体験レンズキット:その6=網膜剥離) »

2007.01.15

物を見ること と ランニグ(24)(弱視体験レンズキット:その5=飛斑症)

視覚に障害を持っていると言っても障害区分(障害者手帳)を見ると1級から6級まで分かれている。
全盲以外の弱視(ロービジョン)者の見え方を体験するのはとても難しいが、弱視体験レンズ(シュミレーションレンズ) でその見え方をある程度体験できる。

今回は弱視(ロービジョン)の見え方などを自分なりにまとめて見たいと思う。

No5 飛斑症/飛蚊症(ひぶんしょう)

飛斑症レンズ  飛斑症=白斑は糖尿病や網膜剥離による眼底出血が原因。 白斑は点の大きさや数が日毎に増え、目を移動する。

 レンズを装着した感じでは、このような状況では黒点はとても邪魔になる!
と言うのが実感。
私自身も時々ゴミが浮遊しているような感じを受ける事もある。
ただ、これが飛斑症なのかはわかりません。

引用
本来は無色透明である硝子体の中に、加齢とともに線維性〈せんいせい〉 の混濁〈こんだく〉 が生じてきます。その混濁が眼球を動かしたときにフラフラと動いて、飛蚊症として自覚されます。青空や白い壁を見たときなどに、 よりはっきり見えます。後部硝子体剥離後はとくに線維性混濁が著しくなることが多く、糸くずやリング状の物が見えたりします。
 これらは加齢とともに多くの人に起こり得る「生理的飛蚊症」といって、心配いりません。たいていの飛蚊症はこれに該当します。しかし、 初めて自覚したときには、病気によるものと区別できないので、検査が必要です。

とあるので、ゴミが浮遊している程度では心配ないようですが、検査を受けて安心する必要があるようです。

今回は残り次回持越しです。

伴走メーリングリスト参加者募集中!
人気blogランキングへ

 

|

« 物を見ること と ランニグ(23)(弱視体験レンズキット:その4=黄斑部変性症) | トップページ | 物を見ること と ランニグ(25)(弱視体験レンズキット:その6=網膜剥離) »

コメント

実は私も飛蚊症です。これはある程度年齢が行けば誰でもなる可能性があるそうですね。最初はびっくりして、慌てて眼科に行きましたが、加齢によるものだから大丈夫と言われました。ただ、網膜剥離の前兆現象の場合もあるので、急激に増えたらすぐに眼科に来てくださいとも言われてます。私のような強度の近視(ちなみに視力0.05)だと網膜薄利になりやすいそうですね

投稿: はじめ | 2007.01.24 14:19

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物を見ること と ランニグ(24)(弱視体験レンズキット:その5=飛斑症):

» 生理痛のすべて [生理痛ナビ 生理痛のすべて]
生理痛の症状やその緩和方法、薬、生理痛と妊娠・ピルとの関係、生理痛の改善(対策)方法や生理痛の和らげ方など生理痛いついて皆さんが知りたい事をまとめてみました。生理痛に関してお任せください。 [続きを読む]

受信: 2007.01.15 23:18

« 物を見ること と ランニグ(23)(弱視体験レンズキット:その4=黄斑部変性症) | トップページ | 物を見ること と ランニグ(25)(弱視体験レンズキット:その6=網膜剥離) »