2017.10.16

徳島の伴走教室2017、盛大に終了

10月15日(日曜)は雨がひどく、予定していた公園での実技は出来ませんでしたが、講義を行った体育館での実技などに約70名の参加者がありました。
遠くから参加して下さった方も多く、熱意にあふれる伴走教室でした。
DSCN4948_1_s写真1:プレゼンテーションをする私とスクリーンを見守る参加者の後ろ姿です。

DSCN4957_1_1_s写真2:実技でアイマスクをしてマットの段差を介助のかたと超える参加者の皆さん。
===
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.11

スポーツ博覧会 東京 2017

10月8日(日曜)のスポーツ博覧会(写真が3枚)
東京都の井の頭公園で開催された東京都主催のスポーツ博覧会に参加で、担当は盲人マラソン体験コーナーです。
日曜は良い天気で暑いくらい、9時に到着して10時開始ですが、早くから観客が集まっています。
体験コーナーの受付看板を映してます。後ろにはコーンんで仕切った体験会場の一部が見えてますJBMAから4名の協力ボランティアさんと一緒。
開始早々はなかなか参加者が集まりませんでしたが、その後は途切れずに参加者が来てくださり、合計で200名を越えました。
午後の1時半にはイベントのゲストが参加してくれました。
浪川 大輔(なみかわ だいすけ)さんアイマスクをしたゲストを私が先頭になり誘導しているところですが、しっかり観客に手を振っています(爆笑)とパワフルコンビーフのお二人。
MCの司会で3人を紹介、その後私が呼ばれて体験レンズを使った見え方の紹介などを行いました。
アイマスク体験では、手を振ってくださーい! の声掛けをしたら、アイマスクをした浪川さんが観客に手を振って、スタッフ一同が大爆笑! さすが芸能人(わらい)アイマスクをした3組の参加者が歩く脇で、スタッフが見守りながら歩いているところです。

そうですよね、手を振ってます! 私の声掛けが良くないんだ。


===
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.24

早稲田大学の体育各部 代表委員(主将・主務)研修会で視覚障がいマラソンの事をお話しする機会をいただきました

早稲田大学の戸山キャンパスで毎年行われている研修会だそうで、44の運動部の主将と主務(マネージャー)が約120名集まっての研修会です。
世界的な選手も在部している体育部の研修会はピリピリした雰囲気です。
視覚障がいのあるかたのマラソンと伴走活動について、15分間でしたがお話しする機会をいただいた事はありがたい事です。
早稲田の体育部は文武両道をスローガンにWAP(早稲田・アスリート・プログラム)を実施して、代々木公園にも各週に体育部の選手が伴走をしに来ています。もちろん現役のトップアスリートですから、練習の合間にしか来られないですが、それでも10回以上参加したかたもいるそうです。
大学の入り口の案内図の写真参加した漕艇部(ボート)の主将は、伴走を体験したことで部員の気持ちが変わった! と 言っていました。
他にも沢山の運動部のかたからお礼を言われたり、各部の監督さんからもお礼のお言葉をいただきました。

写真は大学の入り口の案内図の写真だけです)

====
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.18

16日の伴走体験教室(その1)(長文です)

写真1一日で2回の教室はハードでしたが、それ以上の体験ができました。まずその一で、台東区の小学校です(写真が6枚あり、説明は最後にあり、子供さん達のお顔にはモザイクです)
写真2今回の協力者(視覚障がいの当事者)は以前から協力してくださるTさんが盲導犬と一緒に来て下さいました。
学校ではTさんと私はスリッパに履き替えずにそのまま入ってくださいと言われました。
今回の対象は5年生の25名。盲導犬と変なおじさんが教室に入ったので、子供さんも緊張気味です。
写真3校長先生や、他の先生も数人が教室を見守っています。私も緊張(笑)
盲導犬ユーザーのTさんを紹介して、見えなくなった経緯などを話してくださっているうちに、子供さんもだんだん打ち解けてきました。
見え方や色々な道具などを紹介してから校庭での体験実技には父兄のかたも参加してくださり、子供さんと一緒にTさん写真4と歩いたり走ったりの経験をしてくださいました。
終わってからは教室で給食です。Tさんは周囲に打ち解けて「彼女がいるの??」など笑いながら話しています。給食後は牛乳パックをたたむ作業があります。私はとなりの子供さんにやってね! と 言ったのですが、その子は言葉で説明しながら手をとってたたんでも写真5らっています。すごい!私より気配りがあります。
盲導犬のハーネスをはずして「一緒に遊んで良いよ!」との一言にみんな集まって盲導犬をほめたたえてくれています。
帰りには子供さん達が送ってくれましたが、何も言わないのにTさんを取り囲んで誘導してくれています。私たちは出番写真6がありません(笑)

写真1、見え方の説明で手の指で輪を作って視野狭窄の事を知る子供さん達を後ろから写しています。
写真2、ハーネスをはずした盲導犬を取り囲んでいる子供たちとユーザーのTさんです。
写真3、グラウンドでの実技でTさんを伴走する子供さんと座って見ている他の子供さん達です。良い天気で後ろには青空が綺麗に写っています。
写真4、給食で周りの子供さんと楽しそうに話しているTさん。子供さん達も楽しそうな笑顔で話しています。
写真5、飲み終わった牛乳パックを折りたたむ事を教えている隣の子供さん。言葉で言うより短い時間で何が必要かを知ってくれたのが嬉しいです。
写真6、帰りにTさんと盲導犬を送ってくれる子供さんですが、ここは下り階段です。心配そうに見守ってくれる女の子、後ろから見守ってくれる子供さん。

言葉は必要ないな! みんなすぐ判ってくれる!

====
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.06

6日のJBMA代々木公園練習会

写真1午後から雨の心配を吹き飛ばすような熱気で、約70名ほどが参加しました。今月は私が全体まとめの当番月。
初参加は約10名。伴走教室も二回目のかたを含めて10名ほどが参加し、視覚障がいのある協力者のかたが4名参加してくれました。
受講者が数名の集団で走る時には周囲も足のリズムを合わせるように話しましたが、実際に集団走でリズムの合っていない事を当事者の視覚障がいのかたから指摘されたり、普段の走りとは違う気配りが必要だと言う事を知っていただく事が出来ました。
写真が1枚
事務局からの連絡事項を聞いている参加者の皆さんが30名ほど映っています。参加者の皆さんのお顔にはモザイクをかけてあります。
===
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.11

視覚障がい・伴走体験教室

二市一町スポーツ推進委員合流会主催の「視覚障がい・伴走体験教室」が終わりました。

東京のF市にある小学校の体育館で開催。地元のスポーツ推進委員会の皆さまが暑い中を集まってくださいました。
東京は昨日から猛暑になり、体育館はまたまた暑かったですが、そこに暑い意志を持った方が35名ほど参加してくださいました。
視覚障がいなどを知っていただく講義が1時間、介助法などの実技が1時間。
パラリンピックの動画を見ていただいたスポーツ推進委員のかたはさすがです。伴走者がロープ側の手をほとんど真横に振っていることを説明しないでも気が付きました。

写真が3枚あります(どれも参加者の皆さまのお顔にはモザイク処理)
写真1:実技前に準備体操があり、私も久しぶりにラジオ体操をしました(私が手前に映っていて、参加者の皆さんの後ろにはプレゼンに使ったスクリーンがうつっています)
写真2:アイマスクを着用した女性参加者を誘導する女性の介助体験者で、別グループの体験者が後ろのほうにも映っています)
写真3:白杖を持って段差の前で説明する私を取り囲んでいる参加者の皆さんの後ろから写しています写真1

写真2写真3

====
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.31

2013年の出来事

皆様のおかげで今年も無事に過ごすことが出来ました。本当にありがとうございます。
伴走活動は今年も各地で教室を開催することが出来ました。
参加してくださったかたは述べで500人を超えています。
各地で行った教室が15回、代々木公園で行った教室が11回。
他にウォーキング教室を2回。
写真を載せましたが、音声で見てくださるかたのために簡単な説明を入れます。
【1】1月6日:新潟・新潟ふれあいプラザ(参加者約70名・写真は全員の集合写真)
【2】2月10日:福井・ちもり体育館(参加者約40名・写真は体育館で介助方法を説明する筆者の写真)
【3】2月16日:佐賀市(参加者約40名・写真は伴走の説明をする筆者の写真)
【4】2月17日:佐世保市(参加者約35名・写真は会場の前で全員の集合写真)(佐世保市長も参加してくださいました)
【5】3月2日:日産テクニカルセンター(参加者約20名・写真はありません)
【6】3月9日:長野・千曲市総合体育館(参加者約40名・写真は会場の体育館内で全員の集合写真)
【7】5月19日:東京学芸大学・ウォーキング教室(参加者約16名・写真は大学構内でウォーキングを説明する筆者と参加者の写真)
【8】6月9日:群馬・太田市(参加者約52名・写真はシュミレーションレンズを着けた伴走者に説明する筆者の写真)
【9】9月23日:東京学芸大学・ウォーク&ランフェスタ(伴走教室・ウォーキング教室とも参加者約40名・写真はウォーキング教室で白杖を持って説明する筆者の写真)
【10】9月28~29日:静岡掛川市・伴走者養成研修会(参加者26名・写真は会場の前で全員の集合写真)
【11】10月19日:東京・スポーツボランティアネットワーク スポーツボランティアスキルアップ研修会(参加者14名・写真は会場で「障害に寄り添う」のテーマで説明する筆者の写真)
【12】10月26日:岩手県盛岡市・伴走者養成研修会(参加者20名・写真は会場で伴走実技にアイマスク着用者と参加の伴走者が実技を行う写真)
【13】11月10日:東京都世田谷区・世田谷246ハーフマラソンのサブイベント(参加者17名・写真は会場で伴走について話す筆者と参加者の後ろ姿の写真)
【14】11月24日:国立競技場・神宮外苑ロードレース(参加者約60名・写真は競技場の正面スタンドをバックに伴走について話す筆者と参加者の後ろ姿の写真)
【15】12月22日:皇居・クリスマスイブラン(参加者約30名・写真は和気清麻呂像のまえで行っている教室の様子)
そのほか、代々木公園の11回分の写真は省略
皆様、良い年をお迎えください。

0106_s0210_s0216_s0217_1_s0309_s0519_s0609_s0923_s0928_s1010_s1019_s1026_s1027_s1124_s1222_s

====
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.30

2013年 神宮外苑ロードレース

24日に行われた日本盲人マラソン協会主催の「2013年神宮外苑ロードレース」は晴天のなかで無事に終了しました。
競技場は来年から2020年のオリンピック・パラリンピックに向けての取壊しが決まっているので、この競技場では最後の大会になります。
10キロ・ロードレースには約1600名(うち視覚障害の部に110名)、5キロ・ウォーキングには約90名(うち視覚障害のかたが17名)
他にボランティアさんや実行委員などが約300名参加しています。
私の担当は早朝からの大会記録と伴走教室。
カメラ3台とビデオ1台、ICレコーダーを持ち込んで、ボランティアさん4名の協力で何とかこなしました。
伴走教室は約60名の参加。
ゲストランナーの谷川真理さんも参加して下さいました。
写真が有りますが、参加者のお顔にはモザイクをかけています。
【写真1】【写真1】開会式で来賓のかたが壇上で掲揚される国旗に向かっている写真。
【写真2】開会式でのゲストランナーの皆さん
【写真3】10k第一レースのスタート前にゲストの谷川真理さんが選手にエールを送っている姿
【写真4】10kのフィニッシュシーン(競技場のフィニッシュ地点にあるバルーンゲートに伴走者とともにフィニッシュする視覚【写真2】障害の選手)

【写真5】神宮の銀杏並木を走る選手の皆さん(バックには黄金色の銀杏並木が写っています)
【写真6】伴走教室で参加者の皆さんを前に話をしている筆者の姿
【写真7】タンデム体験で競技場のトラックを走るタンデムの後ろに乗っている視覚障害ランナー(このタンデム体験はとても【写真3】好評でした)

===
伴走どっとCom

【写真4】

 

 

 

【写真5】

【写真6】

【写真7】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.11

視覚障害者と伴走者のランニング教室

【写真1】11月10日の日曜に東京都の世田谷区にある駒沢公園・第二球技場で「視覚障害者と伴走者のランニング教室」が開催されました。

 

 

当日は世田谷246ハーフマラソンが開催されていて、会場前もコースになっていて、選手が駆け抜けていくなかでの教室でした。
この教室は246ハーフマラソンのサブイベントとして開催され、参加者は約20名、他に世田谷区から10名近くのスタッフが参加していました。

講師はパラリンピックなどに伴走者として参加している中田さんと私。

主催者からの紹介があり早速教室の開始です。
まず私が 視覚障害を知ること、介助方などを説明。協力者の盲導犬がいたので、盲導犬は声をかけたり触るのもいけないが、目を見てもいけない、名前を教えない場合もあるなどの説明をし、その後は介助方の実技。
途中で盲導犬が階段などを誘導する様子を見てもらうなど見せ場もありました。

写真が6枚あります、どれも参加者のお顔が判別できる時にはモザイクかけています(主催者などのかたはそのまま)

【写真1】会場入り口に掲示された大きな看板で、教室名や時間、講師の名前などが書かれています。
【写真2】マイクを握って視覚障害についてなどを話している私と、参加者の一部のかたを背中から写しています(世田谷区のスタッフの助成などがブルーのジャンパーを着て数名いますし、テレビカメラも来ていました)
【写真3】介助実技で見本を見せてくれた盲導犬が受付の机前に伏せています。机のところには盲導犬に対する注意事項が書かれた看板をつるしてあります。
【写真4】見え方の体験レンズを装着した参加者に説明する私の上半身写真です。奥には世田谷区の女性スタッフが興味を持ってのぞいています。
【写真5】パラリンピック伴走者の中田さんが走り方について説明しているところです。参加者の後ろ側から写しています。参加者の皆さんは走り方そのものを教えてくれてとても良かったと言っていました。
内容は手を気持ちよく振ること。伴走の場合にも相手の視覚障害のかたにそれを体験してもらう事だと話していました。
【写真6】会場のサッカーコートをペアーになって伴走体験する参加者の写真です(数組が写っています)

【写真2】【写真3】【写真4】【写真5】【写真6】

===
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.05

会津若松市で伴走者養成研修会

【写真1】10月27日(日曜)に会津若松市の会津大学で「日本盲人マラソン協会・伴走者養成研修会」開催できました。
昨日行った盛岡から研修会終了後に移動。
壊れたパソコンの代替え機をレンタルしてからホテルへ。
翌日は雨の心配もなく絶好の研修会日和。
会場の会津大学に着くとすでにヤクルト陸上部【写真2】前監督の安田氏も到着していた。
午前中は教室での講義が主体。
ロンドンパラリンピックのマラソン動画を見てもらいながら競技での伴走を知ってもらう。
その後は「視覚障害とは」と言う見え方がいろいろあることを知っていtだくプレゼン。
続いて「障害に寄り添う」と題した最近作ったプレゼンを利用して障害を少しでも知ってもらうなどを工夫した。
午後は実技!
まず、介助を知ってもらう、協力の視覚障がいのあるかたを誘導することから始まり、次にお互いにアイマスクをして誘導。
その後は実際の伴走実技や、質問があった途中での伴走者の交代実技なども行った充実した研修会でした。
写真が2枚あります、いづれも参加者のお顔がわかる場合にはモザイクをかけています。
【写真1】大学の教室でパラリンピックの動画を見ながら伴走について私が話しています。
正面の右手にスクリーンがあり、動画が写っています。手前には参加者の後ろ姿が数人見えます。
【写真2】午後の実技風景です。
アイマスクをした受講者と伴走者役の受講者が写って、その間に私がいます。
お二人とも陸上部出身で、伴走者の交代はどうやってするのか? と言う質問があったので、お二人の間に入って止まることなく交代する方法の説明をしている所です。

===
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧