2018.10.30

「心の金メダル」

「心の金メダル」本の表紙画像大阪の田中玲子さん本をご紹介(写真が1枚)(長文注意)
大阪駅伝で何年振りかにお会いした田中さんが本を出版されたそうで、宣伝を兼ねてご紹介します。
だいぶ前ですが、パラリンピックに女子マラソンが実現できない時代に、JBMA小田原大会に「わーわーず」創設に努力された永田のじっちゃんと共に大阪から小田原まで嘆願のため走って来られたことがありました。
表紙の文字データーをご紹介します!
心の金メダル
夢を持てば光が見える
鍼灸師クロマチックハーモニカ奏者
全盲 田中玲子
著者はフルマラソンで3時間17 分50秒の記録を持つ。
2018年3月18日、大阪でハート・オブ・ゴールド西日本会員交流会があり、有森裕子さんと再会。 クロマチツクハーモニカの演奏を披露。
「田中さん、笑顔、演奏とても素敵でしたよ」
と有森裕子さんから励ましのお言葉を頂く。 夢のようでした(著者)。

半歩でもいいから前に進んでみる
目が見えないという現実に対する反動から、私は水泳でもマラソンでも
優勝を目指してやってきました。[目が見えないからできない、というのが嫌だったのです。理由はともあれ、よくやってきたと思います。今は、その反動とお別れし、心穏やかに頑張っています。
人生には喜びもありますが、悩んだり苫しんだり、大きな壁にぶつかったりすることが多々あります。そんなとき私は、何もせずに悩み続けるの
ではなく、半歩でも前に進むことを心掛けてきました。何もやらないことが苫しいからです。
悩み苦しむとき、半歩でも前に進んでみると、やがて問題は解決し、自分を成長させてくれることに私は気づきました。有り難いと思っています。

===

伴走どっとCom

http://www.banso.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.01

怒涛の伴走教室! 一日目が終わりました

9月1日(土曜)
午前中は東京都の武蔵野市でのパラフェスタ。スペシャルゲストは体操の田中DSCN6249_1_s理恵さん。
伴走教室には約60名のかたが参加してくださいました。ゲストは日本で二番目の記録を持つ青木選手!
田中理恵さんの伴走センスは素晴らしい!
教わらないのに二人三脚がピッタリ!
夕方から文京区のガイドヘルパーDSCN6263_sさんの会社で40名近いヘルパーさん対して伴走の事を交えながら視覚障がいのあるかたへの対応などをお話させていただきました。

写真1:スペシャルゲストの田中さんの素晴らしい二人三脚を見てください
写真2:夕方からのガイドヘルパー会社の講習会風景ですが、参加者にはモザイク処理しています。

==
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.27

JBMA伴走者養成研修会(7月22日)

東京都の北区にある東京都障害者総合スポーツセンターで平成30年度
伴走者養成研修会 第1回東京会場が開催されました。
参加者は約30名、協力者やスタッフなどを含めて約50名です。
午後1時半から開始、私の担当は視覚障害などを知っていただくことや伴走の基本的な事を知っていただくことです。
写真1:講義会場で参加者の後ろから皆さんを写しています。
写真2:実技会場で参加者の前で自己紹介する視覚障がいのある協力者や参加者で、お顔にはモザイクかけています。

DSCN6227_1_sDSCN6229_1_s

==
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.22

2018-06-03の代々木公園練習会

6月2日の代々木公園(写真が2枚)
暑いような好天気に約120名の参加がありました。初参加は27名。
伴走教室もほぼ同じくらいの人数が参加してくださいました、中には先月受講したが、もう一度受講したいと再度受けた方もいます。
参加者の中にはアトランタ パラリンピックで金メダルを獲得した九州の栁川(やながわ) さんの姿もあります。
一応のお話しをしてから、数グループに分けての実技体験ですが、私の担当したグループは2周ほどしてからアイマスクと疑似体験レンズを使った体験を行いました。
その中の一組の女性たちが、どうしても足が合わないんですが、どうしたら良いですか? との質問!
後ろについて「ハイ!・ハイ!」のように足合わせのタイミングで声掛けしたらすぐにピッタリと揃って、それ以降は掛け声無しでも素晴らしい伴走になりました!
この方法は以前から使っていますが、見ていた人は魔法でも使ったみたいです! と 言った人もいました。
写真1:開会の時に事務連絡をする事務局長と、その脇ににはメダリストの栁川 さんがブルーのシャツを着て立っています。
写真2:実技体験する女子大生の二人ですが、もうピッタリと足が揃っています!(後ろからなのと、このお二人には写真の許可をいただいています)
写真1

写真2

==
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.23

福知山マラソン

福知山に来ています.
11月22日の今日は結構な雨です。昼過ぎに会場に到着し、2時から伴走サポーター講習会。
11月23日の今日は雨の心配は無いと思ったのですが時折雨が降って、選手の皆様は苦労されていました。
今日は福知山に泊まり、明日帰宅します。
写真は福知山マラソンのスタート風景です。

スタート直後の写真で、ゲートをバックに選手が左カーブしています(視覚障がい優先レーンが画面左にありますので手前に視覚障がい選手が多く写っています)

===
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.20

伴走者養成研修会

伴走者養成研修会・終了しました(写真が3枚・いずれも参加者のお顔にはモザイク)
新宿区の戸山サンライズ(全国障害者総合福祉センター)で日本ブラインドマラソン協会主催の研修会が参加者20名で無事に終わりました。
遠くは栃木県から、伴走経験が10年のかた、9月の宿泊研修会に参加して再度受講した方など、皆さん非常に熱心で質問も多く、3名の協力者(視覚障害のかた)と共に受講者の皆さんに伴走者としての基本を知っていただけたかと思います。
午後の1時頃から4時半までの約3時間半、ミッチリです。
質問も具体的な事を聞いてこられ、こちらも真剣にお応えしたつもりです。
充実した一日でした。
写真1:会場の入口の看板で「日本ブラインドマラソン協会・伴走者養成研修会」と書かれています。
写真2:開会にあたり協会の事務局長が参加者に挨拶しているところで、スクリーンには鈴木がお話しする概要が写っています。
写真3:体育館の実技風景で、アイマスクをした参加者と協力者が4組写っています。

DSCN5153_1_sDSCN5150_1_1_sDSCN5158_1_1_s

===
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.16

徳島の伴走教室2017、盛大に終了

10月15日(日曜)は雨がひどく、予定していた公園での実技は出来ませんでしたが、講義を行った体育館での実技などに約70名の参加者がありました。
遠くから参加して下さった方も多く、熱意にあふれる伴走教室でした。
DSCN4948_1_s写真1:プレゼンテーションをする私とスクリーンを見守る参加者の後ろ姿です。

DSCN4957_1_1_s写真2:実技でアイマスクをしてマットの段差を介助のかたと超える参加者の皆さん。
===
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.11

スポーツ博覧会 東京 2017

10月8日(日曜)のスポーツ博覧会(写真が3枚)
東京都の井の頭公園で開催された東京都主催のスポーツ博覧会に参加で、担当は盲人マラソン体験コーナーです。
日曜は良い天気で暑いくらい、9時に到着して10時開始ですが、早くから観客が集まっています。
体験コーナーの受付看板を映してます。後ろにはコーンんで仕切った体験会場の一部が見えてますJBMAから4名の協力ボランティアさんと一緒。
開始早々はなかなか参加者が集まりませんでしたが、その後は途切れずに参加者が来てくださり、合計で200名を越えました。
午後の1時半にはイベントのゲストが参加してくれました。
浪川 大輔(なみかわ だいすけ)さんアイマスクをしたゲストを私が先頭になり誘導しているところですが、しっかり観客に手を振っています(爆笑)とパワフルコンビーフのお二人。
MCの司会で3人を紹介、その後私が呼ばれて体験レンズを使った見え方の紹介などを行いました。
アイマスク体験では、手を振ってくださーい! の声掛けをしたら、アイマスクをした浪川さんが観客に手を振って、スタッフ一同が大爆笑! さすが芸能人(わらい)アイマスクをした3組の参加者が歩く脇で、スタッフが見守りながら歩いているところです。

そうですよね、手を振ってます! 私の声掛けが良くないんだ。


===
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.04

大阪で5回目の伴走教室

教室の開会式で主催者の大視協の会長さんがご挨拶30日に大阪で5回目の伴走教室でお話しさせていただきました(写真が一枚・参加者のお顔にはモザイク)
2006年にお誘いがあり、初めて伴走教室でお話しさせていただきましたが、図らずもその会場が今回の会場でした。11年間で5回の開催ってすごいです。
教室は108名もの参加者、そのうち視覚障害のあるかたが30名以上です。
凄いことだと思います。
伴走経験が無い方や、まだ始めたばかりの方などが70名ほど参加。皆さまの熱意が伝わってきます。
今回で5回目なので、講師としては内容に苦労するところですが、毎回参加して下さっているかたからも、気が付かされることが毎回あって参加して良かったなどお言葉をいただきました。
午後はパラリンピックに三回も伴走者として参加している中田さんのパラリンピック伴走の思いや裏話しなどの講話があり、私も興味深く聞かせていただきました。
写真は教室の開会式で主催者の大視協の会長さんがご挨拶されているところを参加者の皆さんと一緒に写しました。

===
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.21

札幌の伴走研修会

10月16日(日曜)の札幌、伴走者養成研修会報告です。

札幌市の真駒内競技場で地元の「伴走フレンドリー」と「旭川ラビットクラブ」の主催で開催されました。
当初は30名の募集でしたが、申込みが60名を超える大盛況でした。
伴走経験の無いかたが半数ほどで、初心者向けと、経験者向けとの配慮が必要な研修会です。
初めに伴走経験を聞いて手を上げていただき、見えない人にはその挙手が判らないから、拍手で答えていただくようお願いをします。
こんな事から視覚障害の事を知っていただきました。
その後伴走について、またルールについても簡単に触れます。
講義の後は実技で、介助方法や手の振り方を説明し、その手の振りを邪魔しない伴走者の手の振り方などを説明します。
後は実際の伴走やアイマスク体験などを含めてお話しさせていただきました。
参加者の中には地元の練習会に参加したいと数名のかたが申し出て下さったそうです。
また、終了後に「あっという間に時間が過ぎてしまった」「知らなかった事を知ることができて良かった」など数名のかたからお礼のお言葉をいただきました。
強行軍でしたが、実りある研修会だったと思います。
DSCN2703_2_s
写真1、見え方の例を説明する鈴木(中心部が見えない例をプレゼンを使って話してます)
DSCN2721_1_s
写真2、実技で地元の女性ランナーと一緒に手の振り方を説明しています(皆さん真剣に、自分でも手を振りながら聞いてくださっています)
DSCN2734_1_s
写真3、アイマスク体験で恐る恐る伴走しているかたに私が代わって伴走しているところです。
===
伴走どっとCom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧